マーケッターのためのプロモーション情報ブログ

メディアに取り上げられるプレスリリースの作り方:その1

メディアに取り上げられるプレスリリースの作り方:その1私はSEデザインを経て現在、ライティング・編集を行うライターズハイという会社で活動しています。

今回は、企業が発信する「プレスリリースの作り方」について、ライターとしての立場からお話できればと思います。

現在の仕事ではIT系のWebメディア各社からの依頼に応じて記事原稿を作成し、提供することが多いのですが、他の一般企業からプレスリリース原稿の作成を依頼されることもあります。

そのため、メディアの記者側と、そこに対してプレスリリースを出す企業側という両方の面から見ることができる立場にいるといえます。

プレスリリースを出す側、取り上げる側の意識

企業はプレスリリースを自社のサービスや製品、取り組みなどを広めるツールとして考えています。現在はメールを使ったプレスリリースの配信が主流で、一度に多くのメディアにメール送信できる配信サービスも存在します。1つでも多くのメディアに取り上げてもらい、1人でも多くのエンドユーザーやターゲットに知ってもらうことが目的です。

一方、Webメディアは、媒体価値(広告的価値)を高めるために、1つでも多くの有益な情報を、そのメディアがターゲットとしている読者にいち早く届けたいと考えています。したがって、企業から送られてくる生情報であるプレスリリースは、大変貴重な情報源です。

メディアの記者は毎日膨大な数のプレスリリースを受け取っています。そのため、“ネタ”としての価値が高い情報であることを前提に、必然的に目を引く内容のプレスリリースを取り上げがちになります。“目を引く”というのは、派手な装飾が施されているとかそういうことではなく、“目に留まる”と言ったほうがいいでしょうか。

企業にとっては、“目に留まる”プレスリリースをしっかり出せているかが重要になってきます。
頑張って頻繁にリリースを打っているのにメディアが取り上げてくれない、と嘆いている企業もあるかもしれませんが、もしかすると下記のようなやり方をしているからかもしれません。

1. プレスリリースを送るメール本文に詳しい内容を書いていない
2. 自社のWebサイトなどに1次ソースとしての情報がない
3. すぐに使用可能な写真や画像がない


メディアの記者から聞く話を総合すると、以上のようなプレスリリースは取り上げられにくいようです。
では、具体的にどういうプレスリリースにするとよいのでしょうか。次回、その内容を掘り下げてみたいと思います。

ページの先頭へ