ページのトップへ戻る
トップ > ブログ > 動画 > 最低限知っておきたい!動画マーケティングの基本知識と市場動向

最低限知っておきたい!動画マーケティングの基本知識と市場動向


最低限知っておきたい!動画マーケティングの基本知識と市場動向マーケティング担当者なら、「動画マーケティングを始めるべきだ」と一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
しかし、どう動画をマーケティングに活かすべきなのか、本当に今やっておくべきなのかと疑問に思うところでもあります。そこで今回は、動画マーケティングの基本知識と市場動向についてみていきましょう。

動画マーケティングとは

動画マーケティングとは、動画をマーケティングに活用する手法を指します。
自社のWebサイトに動画を置いて商品・サービスの魅力を伝え、コンテンツマーケティングの一環として動画で情報を発信する。また、メールマガジンで動画を配信して見込み客にアプローチをかけ、プロモーション動画を作成してWeb広告を配信したりするなど、幅広く動画を利用することができます。

動画マーケティングが話題を呼んでいる理由には、動画が持つメッセージ性の強さにあります。
動画サービスを手掛ける米国のLiveclickerが2015年1月に発表した調査結果では、商品紹介ページに動画を置いたことで成約率が50%以上も高くなったというデータがあります。さらには、動画視聴回数が多いユーザーほど、平均注文額も高くなることがわかっています。

動画は文章や画像に比べてインパクトが強く訴求力があるので、販売ページに置き自社の商品をアピールするのに大変効果的です。また、長い文章を読むのが苦手な人でも、動画ならテレビを見ているような感覚で楽しめるので、ユーザーからの反応が良いというメリットがあります。

動画なら勝てる市場が増える

動画マーケティングが話題を呼んでいるもう一つの理由に「競合が少ない」ことが挙げられます。
今から新しくWebサイトを立ち上げ、SEO対策をしても、競合がひしめき合っている市場では、老舗サイトが上位表示しているために太刀打ちできないのが現状です。しかし、動画なら競合が圧倒的に少ないので、今から始めてもユーザーに検索エンジンから見つけてもらえる確率が高くなります。

また、競合が動画マーケティングに本格的に参入していないうちに進めることで、ユーザーに動画を使ってアピールを行い、興味を集めることができます。似たような商品・サービスを提供する企業が多い中、動画を使って差別化を行えば、商品やサービスの魅力をアピールしていけるのです。

動画マーケティングに欠かせない「Youtube」

数ある動画共有サイトの中でも、国内・国外共に最も利用者が多いのがGoogle傘下の動画共有サイトYoutubeです。
調査会社であるニールセンの2015年02月の発表によると、2015年1月の時点でYouTubeのスマートフォンからの利用者は3,000万人を超え、パソコンからの利用者数を上回っています。この結果からも、パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレットからも動画が見やすいように配信していくことが重要となります。

またYoutube利用者の年代層は、若者が多いと思われがちですが、30代が全体の26%ではあるものの、20代~50代まで約20%前後となっており、幅広い世代の人から視聴されていることがわかります。YouTubeチャンネルを持つ企業も増えており、今後も動画マーケティングに「Youtube」は欠かせないもとになっていくことでしょう。

動画マーケティングで売り上げアップ!

動画をマーケティングに活用することで、これまで逃がしていたユーザーを囲い込むことができます。
また、動画で自社の魅力を伝えていくことで、売上アップにつなげていけるでしょう。競合に差をつけるためにも、動画マーケティングに参入して結果を出していきましょう。まずは、Youtubeチャンネルを持つことから始めてみてください。

お役立ち資料のご案内

動画マーケティングサポートサービスのご紹介
動画マーケティングサポートサービスのご紹介 主な内容
マーケティング活動の全般で、動画コンテンツの活用が進んでいます。
このEbookでは、企業の動画活用の実態と活用方法や、SEデザインがご提供する動画マーケティングのサポート内容をご紹介します。
トップ > ブログ > 動画 > 最低限知っておきたい!動画マーケティングの基本知識と市場動向