ページのトップへ戻る
トップ > ブログ > 動画 > 動画マーケティングをはじめよう!動画の活用方法5つ

動画マーケティングをはじめよう!動画の活用方法5つ


動画マーケティングをはじめよう!動画の活用方法5つ動画マーケティングをはじめたいけど、何をしたらいいかわらかない。そんなマーケティング担当者のために、基本的な動画の活用方法を5つご紹介します。求めているゴールと照らし合わせて、どのように動画をWebマーケティングに活用していくのが最も効果的なのか探っていきましょう。

1.商品・サービス紹介動画

Webサイトの販売ページに商品・サービス紹介動画を置けば、画像や文章だけでは伝わらなかった商品・サービスの魅力を伝えられます。商品・サービス紹介動画の種類は、無音で商品を360度見せた簡易的なものから、テレビコマーシャルのように動画の魅力を短時間でまとめたもの。さらには、テレビショッピングのような長めの動画まであります。この動画の目的は、購入を決断する最後の一押しをするために商品を最大限にアピールしていくことです。

2.コンテンツ動画

コンテンツマーケティングの流行と共に、自社サイトでターゲットが求める情報を提供する企業が多くなっています。コンテンツは、これまで文章や画像が一般的でしたが、動画にして配信するところも増えてきました。

コンテンツ動画のメリットは、競合が少ないので差別化ができること。そして、文字だけでは伝わりにくい難しい内容も、わかりやすく伝えられることです。出来上がった動画は、Webサイトで紹介するだけなく、メールマガジン・ニュースレターとして見込み客や既存客に提供すれば、ロイヤルカスタマー育成につなげることもできます。

3.広告動画

Web広告といえば、テキストやバナー広告が一般的でしたが、最近は動画広告が増えています。代表的なものに、Youtubeで動画を再生する前に表示される動画広告があります。スキップ可能な広告もあり、動画が30秒以上(それより短い場合は最後まで)見られなかった場合は広告費がかからないというものです。

また、ソーシャルメディアFacebookでも動画広告が盛んになってきており、動画広告を配信できるプラットフォームは今後も増えていくでしょう。
動画広告はその内容の面白さから、ソーシャルメディアなどで拡散される可能性もあります。広告なのに、口コミで話題となれば、宣伝しなくても人々へ自然と広がるのが動画広告の特徴です。

4.企業プロモーション動画

企業を紹介するプロモーション動画を作成することで、企業のアピールができます。しっかりとしたものがあると、「信頼できる」「安心できそう」など好印象を与えることができます。特に、会社付き合いの多いB2B企業が企業プロモーションビデオを持っておくと、有効活用できるでしょう。また、就職活動中の人に見てもらうことで、企業に関心を持ってもらいやすくなります。積極的に社員を採用したいというなら、採用ページ用にプロモーション動画を作成するという方法もあります。

5.サポート・マニュアル動画

動画はサポート・マニュアルの役割も果たします。これまで既存客へ文章だけのマニュアルを配信していた人も、動画でわかりやすく解説をしたマニュアルを用意しておくと親切ですし、わからなくてサポートセンターへ問い合わせる手間も省けます。既存客の満足度をアップさせることで、ファンを育成し、リピート客にしていくことができます。また、購入時に、動画でのサポート・マニュアルがついていると伝えるだけでも、初心者も安心して購入できそうだと感じてもらうことができるでしょう。

動画の活用方法は無限大

動画には、文章や画像にはない魅力があります。動画があるだけで、情報をグッとわかりやすく伝えられるので提供できる情報量が増えます。動画の活用方法は無限大です。少しずつでも構いませんから、自社の動画の数を増やしていきましょう。

お役立ち資料のご案内

動画マーケティングサポートサービスのご紹介
動画マーケティングサポートサービスのご紹介 主な内容
マーケティング活動の全般で、動画コンテンツの活用が進んでいます。
このEbookでは、企業の動画活用の実態と活用方法や、SEデザインがご提供する動画マーケティングのサポート内容をご紹介します。
トップ > ブログ > 動画 > 動画マーケティングをはじめよう!動画の活用方法5つ