ページのトップへ戻る
トップ > ブログ > マーケティング全般 > IoTとは | IoT(Internet of Things)ーモノのインターネットが描く社会 第1回

IoTとは | IoT(Internet of Things)ーモノのインターネットが描く社会 第1回


 昨今、「IoT」という言葉がニュースなどで聞かれるようになった。IoTは、Internet of Thingsの略称であり、時には日本語で「モノのインターネット」と呼ばれることがある。IoTは一体何を表しているのか。モノのインターネットというモノがつながっている環境によってどのように社会に影響があり、どのようにビジネスに変革をもたらすのか、迫っていきたい。

IoTとは

 IoTとは、一意に識別可能なあらゆるモノがインターネットに接続されて、相互でやりとりすることを指す。ここで「モノ(Things)」とは一体何かという問題がある。モノということで、時計、文房具、電化製品のような「物」を想像する方も多いだろう。ここでいう「モノ」とは、この世界に存在するあらゆる形のある物を指す。文房具、電化製品のような日常的に使うものはもちろん、メガネ、腕時計と言った普段肌身離さず持っているものや、照明、空調などの設備もモノと考えていいだろう。さらに、我々、人もつながる主体「モノ」になりうるのだ。

 このように、あらゆるものがインターネットにつながることで我々の身近な身の回りの変化が起きてくる。まず、身の回りのあらゆるモノがモノ自身の状態をデータとしてインターネット上に随時配信するようになる。無数に存在するあらゆるモノが常時、リアルタイムにデータを生成する、つまり、IoTという環境はビッグデータを生み出すのだ。ビッグデータとは、膨大で多種多様で頻繁に更新のされるデータ(3V(Volume, Variety, Velocity)とも呼ばれる)である。

 さらにこのIoT環境によって生成されインターネットに配信され続けるビッグデータは、いわば現実の状態を表していると考えることができる。なぜなら、それぞれのモノがどういう状態なのかを時々刻々と配信し続けているので、それらを総合して俯瞰すれば、現実世界を俯瞰していることになる。現実の写像がインターネット上のデータ群で構成できるわけだ。さらにこれらのビッグデータを人工知能や統計などを用いたデータ分析を行うことにより、現実世界に存在する普段気付けなかった潜在的事実をデータから導くことが可能になるのだ。

 実際、コツや勘といったものまでがデータから導くことができる。例えば、あるタクシー会社で、各タクシーが生成するGPSデータを使って給与が高い人と低い人の走り方を分析した結果、給与が低いタクシー運転手は成田や羽田など長距離を狙い、給与が高いタクシー運転手は、都心でワンメーター、ツーメーターの近距離のお客さんを乗せていたことが分かった。一般にタクシーは長距離の人を乗せれば儲かるという定説があり、長距離のお客さんをタクシー業界では「おばけ」と呼ぶのだが、それをデータが覆したことになる。つまり、ビッグデータからタクシー運転手が儲けるための勘やコツというのを導くことができた例であろう。

 さらに、このような分析を行うハードウエア、分析技術のコストが非常に安価になってきていることも注目しなければならない。前述のたくさんのタクシーの位置情報など、膨大なデータを一斉に分析処理をするためには、ひと昔前では、かなり高価なハードウエア、そして専門のソフトウエアを導入して分析処理を行わないといけなかった。現在では、ハードウエアのコスト低下はもちろん、分析ツールもオープンソースが登場してきており、数年前と比べて格段にデータ分析を始めやすい環境となっている。

 IoTによって構成されるビッグデータは我々の身近なことや我々自身のことや状態を克明に表す鏡となる。このデータを活用し分析していくことによって、現実社会の真の姿を発見できるとともに、適切な現実社会の効率化を行うことが可能となっていく。

 IoTの社会変革の源泉は、モノやIoTデバイスそのものではなく、モノやIoTデバイスが自身の状態をデータとしてインターネット上に随時配信するようになることで新たなデータを生み出すことと、その新たなデータで現実社会の写像が構成でき、さらにそのデータを分析することで、これまで顕在化しなかった身の回りの新たな事実や、コツや勘を発見できることにある。

 また、データの生成、取得から分析までは一度も止まることなく、リアルタイムで遂行できるということは特筆すべき点であろう。現実世界の変化をインターネット上のデータからリアルタイムで検知できるのだ。IoTは、我々の身近なところからデータが生成されることから、身近すぎて気づかなかった微小な変化にもデータによってリアルタイムで検知できるようになる。

 IoTは、あらゆるモノがつながることにより、新たなデータを生成し続けることに意味があるのだ。

連載

・IoT(Internet of Things)ーモノのインターネットが描く社会 第1回 | IoTとは
IoT(Internet of Things)ーモノのインターネットが描く社会 第2回 | IoTをドライブする3つのイノベーション
IoT(Internet of Things)ーモノのインターネットが描く社会 第3回 | 急激な変化を遂げるIoT 
IoT(Internet of Things)ーモノのインターネットが描く社会 第4回 | IoTによる4つの影響力 
IoT(Internet of Things)ーモノのインターネットが描く社会 第5回 | IoTは広く社会を変える


トップ > ブログ > マーケティング全般 > IoTとは | IoT(Internet of Things)ーモノのインターネットが描く社会 第1回