SEDesign

SEO対策にかかる費用の相場を種類別に紹介

SEデザイン編集部
2022-03-21
2022-03-21
目次

SEO流し込み1SEO対策を外注するとどれくらい費用がかかるのか、またどのような対応をしてもらえるのかを知りたい企業は多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、SEO対策の料金の相場をサービス内容ごとに詳しく説明しています。

SEO対策会社の選び方もわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

SEO対策費用・料金相場

SEO(Search Engine Optimization)は、日本語では「検索エンジン最適化」という意味で、SEO対策とは簡単にいうと、Googleをはじめとする検索エンジンで上位表示されるための対策のことです。

SEO流し込み2上位表示されるには、Googleに「ユーザーにとって価値があるサイトである」と評価される必要があります。価値があるかどうかを判断される材料は、たとえばWebページ全体の設計やコンセプトといったものから、コンテンツ(記事)の質、細かなSEOテクニックなど、多岐に渡ります。

このようにSEO対策には多様な種類があり、どのような施策が必要かによって内容や費用は大きく異なります。

まずは、おもなSEO対策の内容ごとに概要と費用の目安を確認していきましょう。

SEOコンサルティング

<費用の相場>
月額15万円~40万円以上/月

SEOコンサルティングとは、SEOに関するすべての対策をトータルでコンサルティングしてくれるサービスです。対応してくれる内容例は以下です。

SEOコンサルティングで行う内容の例

  • サイト状況の分析(アクセス数、コンテンツ、サイト構成など)
  • 競合や業界の調査、分析
  • キーワードの調査、分析、選出
  • 改善の提案(内部SEO、サイト構築の改善など)
  • コンテンツ作成支援
  • 定期的な打ち合わせ
  • 実際の改善作業 など

現状の分析や競合調査をもとに、計画的な改善案を提示してくれます。サポート内容によっては、改善案にそって実際の作業まで担当してくれることもありますが、基本的に作業は自社で行う場合が多いです。何をどこまでしてくれるのかは、サービス会社によって異なるので、事前に詳細を確認しましょう。

一般的には、「何が問題かよくわからない」「SEOに詳しい社員がいない」「定期的に相談をしたい」という要望がある場合は、SEOコンサルティングサービスがおすすめです。まずは全体的にコンサルをお願いして、問題が明確になってから個別に追加で対策をしていくという方法もあります。

コンサルティングなので、基本長期間で継続的に改善を手伝ってくれます。そのため費用も月額支払いが多いです。対応内容によって費用は異なります。契約前に事前打ち合わせで、しっかりサービス内容を確認しましょう。

SEOサイト構築

<費用の目安>
10万円~300万円以上

SEOサイトの構築とは、その名の通りサイトを実際に作成してくれるサービスです。なかには分析から設計まで、マーケティング要素を取り入れながら構築してくれる場合もあります。

SEOコンサルティングのサービス内容と重なる部分もありますが、サイトの戦略やチャネルの設計、コンテンツの企画から行なうため、一からサイトを構築または再構築するようなイメージです。新しくSEOに強いサイトを作りたい、または作り直したい場合には最適でしょう。

サイト構築は特に費用の幅が大きいです。クラウドサービスを利用して、個人に作成をお願いすると10万円ほどでも可能ですが、分析や調査を綿密に行う場合は100万円以上かかることも珍しくありません。
また、企業やサイトの規模によっても大きく金額が異なるため、実際にかかる費用を算出するために事前に見積もりを取ることをおすすめします。

コンテンツSEO

<費用の目安>
記事単位:数千円~10万円以上
月額:5万円~15万円以上

コンテンツとは、おもにサイト上で掲載する記事のことを指します。特に近年ではコンテンツマーケティングが主流になっており、いかにユーザーに有益なコンテンツを提供できるかが、SEOにも大きく影響します。

コンテンツは量だけでなく、質も非常に重要なため、コンテンツSEOを中心にサービスを提供している会社も多くあります。サービスの内容も、シンプルに記事提供のみというところから、キーワード選出や分析まで行ってくれるところまでさまざまです。

サイト構築と同様に、クラウドサービスで個人に依頼すると安く抑えることが可能です。ただし、質の保証が難しいこともあるため、品質を保証している企業を選ぶことも検討しましょう。

内部SEO対策

<費用の目安>
指示書の作成のみ:3万円~25万円以上
修正まで対応:10万円~20万円以上

内部SEOとは、サイト内のタグやディスクリプションなど、自身で変更できる部分を、SEOに効果的な内容に変更することです。サイト分析やコンテンツの量産を行わなくても、内部SEOの対策をするだけで、アクセス数が伸びることもあります。

内部SEOで行う内容の例

  • タイトルタグや見出しタグの最適化
  • メタディスクリプションの設置
  • 内部リンクの改善
  • サイト構造の最適化
  • 最適な画像の利用 など

SEOに有効とされる要素は、日々変化しています。以前は有効とされた要素でも、その要素を多くのサイトが実装すればほとんど効果のないものになってしいきます。自社だけでは最適な状態を保つのが難しいこともあるでしょう。そのような場合は、内部SEOに強いサービス会社に依頼するのがおすすめです。

また、キーワードの難易度によって金額が大きく異なることがあるため、必ず見積もりを取って確認しましょう。

SEO対策の価格決定方法

SEO対策の相場は幅が広く、戸惑うこともあるかもしれません。なぜ大きく違うのかというと、サービスを提供している会社によって内容が異なるため、一概に価格を示すのが難しいからです。

ここでは、具体的にはどのように異なるのかについて解説していきます。

サポートの範囲が違う

たとえばSEOコンサルティングの場合、単にレポートだけを提出してくるところから、SEOのみならずWebマーケティングの知識をフル活用して、トータルなサポートを提供してくれるところまで、その内容は大きく異なります。

また、定期的なミーティングがあるか、アドバイスだけでなく実際にコンテンツを提供してくれるかなども料金に大きく影響してきます。

トータルサポートの場合料金が高くなりがちですが、料金だけで判断するのは危険です。安いからといって効果を見込めないサポートを選定してしまわないよう、サポート内容や料金などの詳細を事前に確認しておきましょう。

コンテンツの文字数や図解の有無、専門性が違う

コンテンツもまた、相場の幅が大きいサービスです。クラウドサービスの拡大も影響して、初心者が書いたような質の低いものから、SEOの知識が豊富なプロが執筆するものまで、品質にばらつきがあります。

また、単純に文字数が多いものや、表や図形、写真などを盛り込んだコンテンツは料金が高くなります。また、医療や金融など専門家が執筆や監修を行う記事も、費用が高くなりがちです。

質が上がればSEOの効果も見込めますが、その分費用がかかると覚えておきましょう。このほか、企業の規模や、支払い方法の違い(月額、一括など)などによっても、費用は変わってきます。

SEO対策会社の選び方

SEO対策サービスは数多くありますが、なかにはサポート内容と金額が見合わないケースや、あまり効果的ではない対策を提案されるケースもあります。

後悔しないよう、SEO対策会社の選び方を確認しておきましょう。

SEO流し込み3

検索順位を必ず上げる、という説明には注意

SEO対策に絶対はありません。有効だとされる手段は当然ありますが、必ず上位検索される保証はないのです。したがって「必ず上位表示できる」などと謳う会社は、ノウハウが不足している可能性が少なくありません。

また「すぐに結果が出る」というアピールも同じように危険です。なぜならSEO対策の効果が表れるには、数ヶ月程度かかることも珍しくありません。稀にはすぐに効果が出る場合もあるでしょうが、短期間で成果が出るといった保証はないことを覚えておきましょう。

信用できる会社ほど、正直に「効果が出る保証はできない」と話すことがあります。一見ネガティブな発言のようですが、むしろ信用のおける会社の判断基準ともいえるでしょう。

外部リンク対策サービスには注意

SEO対策として、外部リンクの対策を提案してくる会社には注意しましょう。なぜなら、外部リンクを購入することはGoogleのペナルティ対象だからです。

あくまでもSEO対策は、ユーザビリティを念頭にサイトを最適化し、SEOの評価を上げることなので、このような見せかけの対策はむしろ逆効果になります。

Googleは自然な被リンクと不自然な被リンクを見分けることが可能です。不自然な被リンクがあった場合、Googleから厳しいペナルティを受ける恐れもあります。このようなリスクがある施策を提案をしてくる会社は避けるほうが無難でしょう。

ちなみに2019年ごろの被リンクのペナルティ事例をお伝えすると、ある日突然ランキングが圏外になり、被リンクの否認作業をして半年経っても順位が元に戻りませんでした。結局ドメインの引っ越しで解決しましたが、被リンクはあまりにもリスクが大きい施策だと思います。

成果報酬制の会社はどうなのか?

SEOを以前から知っている方は、「成果報酬制」のSEO会社を耳にしたことがあると思います。成果報酬制は、結果が出たら費用が発生するという支払い形態で、例えば1位になればいくら、2-3位だといくらとランクインした順位に合わせて費用が請求されます。

ただ、現在のSEO対策は以前のように被リンクなどで確実に成果を出すことが難しくなったため、成果報酬制のSEO対策会社は以前ほど多くありません。上述した通り「検索順位を必ず上げる」ということは、保証ができませんから。

成果報酬制のサービス会社が必ずしも悪いというわけではありませんが、中には被リンクを実施するところもあるそうなので、提供されるサービス内容をしっかり確認してください。

コンテンツの品質をチェック

クラウドサービスを利用した場合、質の問題があることは前述した通りですが、たとえSEO対策会社を通したとしても、期待通りの記事が納品されるとは限りません。どれくらいのレベルの記事が提供されるのか、実際の記事の質を必ず確認しておきましょう。

また企業によっては、得意なジャンルとそうでないジャンルがある場合もあります。そのため、該当する業界内での実績があるかどうかも大事なポイントです。過去のSEO実績などもあわせて確認しておくとよいでしょう。

また、修正が可能かどうか、納品の速度や量なども事前に確認しておく必要があります。稼働後に想定外の料金が発生することがないよう、どこまで基本の料金で対応してもらえるのかも把握しておきましょう。

目的に沿ったサービスを提供しているか

「コンテンツまで作成してくれると思っていたのに、実際はアドバイスだけだった」「思っていたレベルの品質やサービス内容ではなかった」という事態を避けるためにも、サポート内容は必ず詳細まで確認しましょう。

また、自社に必要なサポートの範囲を把握することも大切です。たとえば、幅広くサポートしてくれるのは非常に魅力的ですが、サービス内容が充実すればその分料金が高くなります。果たしてそこまでのサポートが必要なのかを考えなければなりません。場合によっては、アドバイスやコンテンツ提供のみでも事足りる場合もあるでしょう。

さらに、予算都合などで全工程を外注するのが難しい場合は、アドバイスだけを提供してもらい、作業自体は自社で行うといった方法を選ぶのも一つの手段です。状況や予算に応じた細やかなサービスが提供されているかどうかも、サービスを選ぶ際の判断材料にしていきましょう。

SEデザインのSEO対策サービス

SEデザインは、前身である出版社時代から30年以上に渡って培ってきた経験や実績を活かし、「オウンドメディアのコンテンツ作成」や「オウンドメディアの構築」「戦略策定・コンテンツ企画・チャネル設計」といったSEO対策サービスを提供しています。

オウンドメディアのコンテンツ制作

SEデザインはIT企業へのコンテンツ支援実績が豊富で、あらゆる要望に見合ったコンテンツ制作が可能です。

また、マーケティングに関する知識も豊富で、さまざまな分野に精通したライターやディレクターを多数アサインしているため、高品質なコンテンツを提供することができます。マーケティング施策として成果に結びつくようなコンテンツを希望している場合は、ぜひSEデザインにご相談ください。

【料金】

  • 基本プラン:80,000円/本~ ※ジャンルによって料金は異なります。
  • 競合サイトの分析:50,000円~
  • キーワード選定:150,000円/10キーワード~
  • ペルソナ設定:100,000円~

>>本サービスに関するご相談・お問い合わせはこちら

オウンドメディアの構築

ホームページだけでなく、ブログ、Webマガジンなど、自社が抱えるすべてのメディアの構築に対応しています。

そのほかにも分析や設計はもちろん、メディアに欠かせないコンテンツの企画まで、トータルサポートが可能です。専任のディレクターがつき、コンテンツの企画から制作まで、要望に合わせたサポートを提供しています。

最短2週間で始める オウンドメディア制作プラン

戦略策定・コンテンツ企画・チャネル設計

SEO対策の目的は、自社の製品やサービスを伝えてビジネスを拡大していくことです。そのためには、SEOだけでなくマーケティングの基盤である戦略が重要です。

SEデザインでは、豊富な実績や知識を活かして、戦略策定からコンテンツ企画、チャネル設計のサポートを提供しています。

>>本サービスの詳細はこちら

最後に

SEO対策には、SEOコンサルティングやサイト構築、コンテンツ作成、内部SEO対策などさまざまな種類があり、サービス提供会社によってサポートの内容や価格も異なります。自社に適したサポート会社を選ぶためには、サポート内容や品質を確認することはもちろん、不適切な提案をしないかなどにも注意を払いましょう。

また、たとえば「自社にはSEO的サービスサイトの改善が必要だ」と自己判断でいろいろな企業に頼むのであれば、まずいくつかの会社に相談してみるのが良いと思います。プロの目線だとSEO的に改善するべきはサービスサイトではなくコンテンツの充実だったり、コンテンツページのサイト構成だったりすることもあります。

SEデザインでは、オウンドメディアのコンテンツ作成やメディア構築などのSEO対策サービスを提供しています。ぜひ詳細を確認してみてください。

  • facebook
  • mail

関連する記事

新規CTA

カテゴリー

ニュースレター購読

SEデザインからブログの更新情報をお届けします。