メタディスクリプションとは?SEO効果や設定方法、書き方のコツをご紹介

目次

メタディスクリプションは、記事タイトルと並んでユーザーのクリック率を上昇させるための重要な要素です。それはBtoBのオウンドメディア運用においても例外ではなく、施策の効果を上昇させるためには適切なメタディスクリプションの設定が欠かせません。

本稿では、メタディスクリプションの概要や設定方法、効果的なディスクリプション作成のための勘所を解説します。

メタディスクリプション(meta discription)とは?

「メタディスクリプション(meta discription)」とは、ページコンテンツを100文字程度の文章にまとめた「概要」「要約」のことです。

Googleのような検索エンジンの検索結果ページに表示される、各ページタイトル下の説明文がメタディスクリプションに該当します。下図の赤枠がメタディスクリプションです。

検索結果で見れるメタディスクリプションの解説図

メタディスクリプションは、検索エンジン上では「スニペット」とも呼ばれます。いずれも「説明文」を指していますが、メタディスクリプションが「HTMLタグの名称」なのに対し、スニペットは「検索エンジン上での名称」である点が異なります。

メタディスクリプションの確認方法

各ページのメタディスクリプションについて知りたい場合は、該当するページのHTMLソースを確認すればわかります。

ブラウザがGoogle Chromeであれば、以下のように使用しているパソコンごとのショートカットキーを押すことで、ソースコードを 確認することが可能です。

  • Windows:【ctrlキー + Uキー】
  • Mac:【option + command + U】

ソースを開いたら、上部の<head></head>タグ内にある「<meta name=”description” 〜」のまとまりを確認します。そのなかに存在する「content=” ◯◯” 」に記入されているテキストが、メタディスクリプションの文章です。

ソースコードでメタディスクリプションが書かれている場所を確認するもし、ソース内にメタディスクリプションが存在しなければ、そもそも設定されていない可能性が高いです。この場合検索結果上に表示されているメタディスクリプションには、検索エンジンが適切と判断したコンテンツ内の文章が選ばれています。

メタディスクリプションにSEO効果はある?

メタディスクリプションそのものに直接的なSEO効果はありません。その根拠になるのは Google公式の解答であり、Google検索セントラルブログでは以下のように述べられています。

  1. “And it’s worth noting that while accurate meta descriptions can improve clickthrough, they won’t affect your ranking within search results”
  2. 「適切なメタディスクリプションはクリック率を向上させますが、検索結果におけるランキングには影響しません(筆者訳)」

引用元:Google Search Central「Improve snippets with a meta description makeover」

つまり、メタディスクリプションの設定は、システム的には検索順位の向上には貢献しないのです。しかし、メタディスクリプションはオウンドメディア運用において重要な取り組みであることに変わりません。次項よりその理由を解説します。

適切なメタディスクリプションの設定で得られる効果

©dennizn/123RF.COM

適切なメタディスクリプションの設定で得られる効果としては、前述したGoogleの解答にある「クリック率の上昇」に加え、「検索エンジンへのページ内容の伝達」も挙げられます。

クリック率の上昇

検索エンジンの検索結果一覧には、自社サイトだけでなく競合サイトと並んで掲載されます。そこでメタディスクリプションにサマリー(要約) を盛り込み、ユーザーの興味関心を引ければ、自社サイトをクリックしてもらえる確率は高まります。

特に、メタディスクリプションに検索ワードが盛り込まれていた場合、その部分が太字でハイライトされますので、さらなるクリック率の上昇が期待できます。

検索エンジンへのページ内容の伝達

メタディスクリプションを設定する際に使用するタグは、Googleが公式にサポートしているmetaタグです。そのため、適切に設定すればページ情報を検索エンジンに伝えられます。

これについて、Google公式では以下のように説明されています。

“Page-level meta tags are a great way for website owners to provide search engines with information about their sites”

「ページごとのmetaタグは、Webサイトのオーナーがサイトに関する情報を検索エンジンに伝えるための手段です(筆者訳)」

引用元:Google Search Central「Meta tags that Google understands」

メタディスクリプションの設定は検索順位に直接的に影響 しないと前述しました。しかし、設定していなければ検索エンジン側が各ページの情報を正しく認識できなくなってしまいます。

それを避けるためにも、メタディスクリプションは設定しておくのが望ましいといえます。

メタディスクリプションの2つの設定方法

29249454_m©lculig/123RF.COM

メタディスクリプションの設定方法としては、「HTMLへの直接の記述」以外に、「プラグインの使用」が挙げられます。以下より、使用頻度の高いCMSであるWordPressで設定すると仮定して、それぞれについて説明します。

1.HTMLに直接記述する

メタディスクリプションを直接HTMLソースに書き込んで設定する場合、まずHTMLファイルを専用のエディタで開き、HTMLファイルのheadタグ内にmetaタグを記述します。

そのうえで、metaタグでname属性に【description】、contents属性にディスクリプションを記述すれば反映されます。記述例としては、以下のとおりです。

<meta name=” description” content=”◯◯(ディスクリプション)” />

2.CMS(WordPress)のプラグインを使用する

メタディスクリプションの設定方法として、WordPressの外部プラグインを使用する方法もあります。

「All in one seopack」「Yoast SEO」などの専用プラグインを導入すれば、メタディスクリプションの設定機能を使用できます。

各機能でエディタなどに表示される「各ページの説明文」部分にディスクリプションを記述するだけで、メタディスクリプションを設定することが可能 です。

どう書けばいい?メタディスクリプション作成のコツ

メタディスクリプションを作成する際に意識したいポイントは、大別すると以下の3点です。

  • 文字数は120字前後におさえる
  • ユーザーの検索意図を反映する
  • 記事ページを読むことで得られる情報を入れる

自社で作成するメタディスクリプションの質を上げるためにも、これらについて理解しておく必要があります。

文字数は120字前後におさえる

メタディスクリプションの文字数は、約100〜130文字程度にとどめましょう。その理由はPC・スマホの両デバイスの検索結果で表示される文字数の限界値であるためです。それ以上の字数になると、説明文が途中で途切れてしまいます。

ただ、この限界値も変動する可能性があります。Googleは2017年12月に250字まで拡大しましたが、2018年の5月にふたたび120字程度へ戻しました。2022年10月現在のSERPsでは、スニペットに表示されるメタディスクリプションは100文字以下のようです。そのため、ここで提示している文字数はあくまでも参考とし、定期的にSERPsを確認して文字数を設定しましょう。

ユーザーの検索意図を反映する

メタディスクリプションを設定するうえでは、“検索エンジンのために”設定するのではなく、“ユーザーのために”設定する意識が必要です。ユーザーの利便性を上げるために、ページ内容が明瞭にわかるメタディスクリプションを設定すれば、クリック率が上がり、検索結果の上昇にもつながります。

そのためには、対策キーワードをユーザーが検索する意図を理解し、「ユーザーが知りたい情報を散りばめる」「各記事でオリジナルの内容にする」といった方向性でディスクリプションを作成しなければなりません。

記事・ページを読むことで得られる情報を入れる

メタディスクリプションにはページを読んだ後に得られる「ベネフィット(恩恵)」も盛り込みましょう。

そのためには、対策キーワードを適切に盛り込んだ文章を作成します。たとえば、対策キーワードが「SEO方法」なら、「記事内ではSEOの◯◯について解説します」「この記事を読めばSEOの◯◯がわかります」といった形です。

メタディスクリプションでよくある質問

ここからは、メタディスクリプションに関する疑問点で、論じられるケースの多い事柄について、2点を論考します。

絵文字や記号は使ってもいいのか?

記号と絵文字はメタディスクリプションに使用しても問題はありません。しかし、検索結果画面に表示される際には、記号や絵文字などは不要な情報として無視され、表示されないため“記述する意味”もないといえます。

実際、Googleのジョン・ミュラー氏はTwitterで、ユーザーから「メタディスクリプションで記号(例:⇒)を使っても問題ないのか」 質問された際に、以下のように解答しています。

“Sure, but often we just ignore & drop them”
「問題ありませんが、多くの場合それらは無視され、表示もされません(筆者訳)」

そもそも記号や絵文字を多用したメタディスクリプションは、ユーザー視点でも読みづらく、「稚拙である」と判断されかねません。それを踏まえると、使用は避けるのが賢明でしょう。

設定したディスクリプションがスニペットに反映されないのはなぜ?

メタディスクリプションを設定しても、検索結果画面のスニペットに反映されず意図しない文章が表示されるケースもあります。この原因について、Google公式の以下の見解が参考になります。

“Google will sometimes use the <meta name="description"> tag from a page to generate a snippet in search results, if we think it gives users a more accurate description than would be possible purely from the on-page content”

「Google では、ページ上のコンテンツのみから取得できる情報よりもページの概要をユーザーに正確に説明できると判断した場合、ページの <meta name="description"> タグを使用して、検索結果におけるスニペットを生成することがあります(筆者訳)」

引用元:Google Search Central「Meta tags that Google understands」

つまり、メタディスクリプションを設定したからといって、必ず反映されるわけではないということです。

上記のとおり、Googleは“ページ情報を適切に説明している”と判定したディスクリプションをスニペットに反映させます。そのため、設定したディスクリプションが検索結果に反映されない場合は、内容の見直しを行いましょう。

まとめ

メタディスクリプションは、ユーザーと自社サイトの「最初の接点」となりやすい検索結果の画面において、各ページの内容を伝える重要な役割を果たします。適切なメタディスクリプションの設定は、クリック率の上昇に貢献しますので、「ただ 説明文」と軽んじる訳にはいきません。

検索キーワードやベネフィットを効果的に盛り込んだディスクリプションを各ページで作成し、より多くのユーザー獲得を目指しましょう。

いますぐ使えるコンテンツ戦略マップ
最短2週間で始める オウンドメディア制作プラン

ニュースレター購読

ブログの更新情報をお届けします。

関連する記事