SEDesign

SEO対策に活用できるサジェストキーワードとは?基本と使用方法、便利ツールを紹介

SEデザイン編集部
2020-11-27

SEO対策に活用できるサジェストキーワードとは?基本と使用方法、便利ツールを紹介普段、何気なく利用している検索エンジンで単語を入力すると、どんどん別の単語が表示されることに気付くでしょう。この機能は、検索の利便性をアップさせるだけではなく、SEO対策としてサイトの作成・運営にも活用できるものなのです。

そこで今回は、サジェストキーワードをSEOに活用するための基本知識と活用方法、便利なサジェストキーワードツールについて紹介します。

サジェストキーワードとは?

サジェストキーワードとは?サジェストキーワードとはどのようなものなのでしょうか。まずは、基本知識から解説します。

サジェストキーワードとは、検索窓に自動的に表示される検索候補のこと

「サジェストキーワード」とは、Googleなどの検索エンジンの検索窓に文字や単語を入力した後に自動的に表示される、検索候補のことです。入力した文字や単語から、何を検索しようとしているかを予測して表示されるもので、入力する手間を省いてくれるほか、入力ミスも修正してくれる便利な機能です。

そのGoogleの利用者数の多さから、「サジェストキーワード」はほとんどの場合「Googleサジェスト」を指します。

サジェストキーワードの表示箇所の図サジェストキーワードの表示例

ユーザーのニーズが把握できる

サジェストキーワードは検索する人にとってはもちろん、SEO対策としても重要な機能です。ある単語を入力した後に出てくる検索候補は、その単語に関連して検索している人が多いことを示します。つまり、単語から連想されるニーズを把握するために、サジェストキーワードを活用できるというわけです。

Googleにおける「関連キーワードとの違い」とは

サジェストキーワードと似たキーワードとして、Googleの検索結果に表示される「関連キーワード」というものがあります。これらには、どのような違いがあるのでしょうか。

英語で「提案する」という意味を持つ「suggest」という単語が付いていることからもわかるように、サジェストキーワードは入力した単語に関連して、検索者の検索傾向やトレンドなどを反映しつつ候補を提案してくれる機能です。

一方、関連キーワードとは単純に入力した単語と一緒に検索されることが多いキーワードを表示する機能で、その単語に関連する検索者の検索傾向は考慮されていません。そのため、同じ単語を検索してもサジェストキーワードと関連キーワードが異なることが多いです。

関連キーワードの表示箇所の図
関連キーワードの表示例

サジェストキーワードの削除は可能?

自社の社名や社員名を検索窓に入力したところ、トラブルや商品・サービスに対する悪い評判など、ネガティブな印象を与える単語がサジェストキーワードとして表示される場合があります。これを、「サジェスト汚染」といいます。

これは、事実か否かにかかわらず多くのユーザがネガティブなキーワードと同時に検索していると、サジェスト機能に反映されることがあるために起こります。

ネガティブなサジェストキーワードで企業や社員のネームバリューに著しく悪影響が及ぶ場合は、削除の手続きを取るべきです。検索エンジンのサジェストキーワードは、手続きを踏めば削除できることがあります。

サジェストキーワードを削除する方法

Googleの「オートコンプリートポリシー」に違反しているサジェストワードは、削除対応に応じてくれる場合があります。違反に当たるサジェストワードを報告するには、検索窓に入力をした後、サジェストワードが表示された画面の右下に表示される「不適切な検索候補の報告」をクリックすると、検索候補に関する報告を送信できます。

また、「法律に基づく削除に関する問題を報告する」で会社名や不適切なキーワード、削除を依頼する理由などを入力することで、削除申請の送信も可能です。このフォームは法的知識がない人でも送信できますが、明確に削除理由を記載して削除したい場合は、専門知識を持つ弁護士に依頼する方がいいでしょう。

便利なサジェストツールを活用しよう

サジェストキーワードはGoogle検索エンジンで簡単に調べられます。しかし、複数のキーワードのそれぞれのサジェストキーワードを、いちいち検索エンジンで調べるのは大変です。そこで月要したいのが、サジェストキーワードの一括検索ツールです。

オンライン上には、サジェストキーワードをSEO対策に活用するために、複数のサイトで一括検索が可能な無料オンラインツールがあります。そのようなツールは、Googleのサジェストキーワード表示機能「Googleサジェスト」に対応しており、サジェストキーワードの一括取得やダウンロードなどの便利な機能も使用できます。

ラッコキーワード(旧goodkeyword)

ラッコキーワード(旧goodkeyword)

従来よりサジェストキーワード検索機能を備えていた「goodkeyword」が、キーワードツール「ラッコキーワード」に統合されました。

サジェストキーワード表示や他サイトのキーワードも一括検索できる「マルチサジェスト」機能は従来と同様に利用できるほか、過去のWEB検索トレンドもキーワードと同時に検索できるようになりました。今後、サジェストキーワードに対するサジェスト表示機能「サジェストツリー」も継承され、利用できる予定です。

ラッコキーワード

Keyword Tool

Keyword ToolGoogleのほか、AmazonやYouTube、さらにInstagram、TwitterのようなSNSにも対応しています。各国語にも対応しており、言語ごとの検索も可能なので、海外向けサイトを運営する人にも便利なツールです。

また無料で使用ができますが、有料版にすれば検索ボリュームやクリック単価なども見ることができ、SEOだけでなくリスティングに活用することもできます。

Keyword Tool

「YouTube」のサジェストキーワードとは

Googleが運営する世界最大の動画配信プラットフォーム「YouTube」でも、サジェストキーワードは表示されます。それもツールを使って調べることができます。サジェストキーワードの確認やGoogleとの連携が可能です。

サイトの運営に動画を活用していたり、チャンネルを運営していたりする場合は、YouTubeサジェストキーワード調査は欠かせません。また、YouTubeの動画をGoogleの検索結果に表示できる「ビデオキーワード」を探し出せば、GoogleとYouTube両方の検索結果に表示ができ、SEO対策にも役立てられます。

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール上記で紹介したツールは、検索結果をコピペして利用するタイプです。しかし、検索する単語によってはサジェストキーワードが大量になることもあります。

そんなときに便利なのが、一括DLツールです。「グーグルサジェスト キーワード一括DLツール」は、検索して得たサジェストキーワードをcsv形式でダウンロードができます。オンライン上で、しかも無料で利用できるので、大量のデータをまとめて管理・確認したい場合はダウンロードしておけばコピペ作業を短縮でき便利でしょう。

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

サジェストキーワードツールをSEO対策に役立てよう

サジェストキーワードツールをSEO対策に役立てよう

サジェストキーワードを調べるツールを紹介しました。しかし、サジェストキーワードを知るだけではSEO対策に利用することはできません。そこで利用するのが「Googleキーワードプランナー」です。

Googleキーワードプランナーとは

GoogleサジェストをSEOで活用する際に欠かせないのが、「キーワードプランナー」というツールです。本来Googleに広告を出稿する際に利用できるツールなので、Google広告のユーザ登録と広告出稿が必要となります。

Googleに広告を出していなければ使用できないツールではありますが、キーワードプランナーはSEO対策におけるキーワード調査に有益な機能を備えています。キーワードを検索して月間検索ボリュームや検索予測の取得、新しいキーワードを見つけた上で各キーワードの競合性をチェックできるなど、SEO対策で重要なポイントとなるキーワード調査が可能です。

SEO対策で重要なサジェストキーワード

SEO対策で重要なサジェストキーワードサジェストキーワード機能は、検索する際に多くの人が利用しています。つまり、サジェストキーワードを意識したSEO対策を行えば、より多くの人の目につきやすくなることが期待できます。

サジェストキーワードに応じたコンテンツを作成

SEO対策では、まずサジェストキーワードに関連したコンテンツを作成するのが基本です。メインとなるコンテンツやテーマのキーワードを検索して出てくるサジェストキーワードは、多くの人がそのキーワードに関連して知りたい、または興味を持って検索する単語で、同時に検索されやすいからです。

実際に検索エンジンでキーワードを入力、またはサジェストキーワードツールでサジェストワードをチェックし、出てきた単語に関するコンテンツを作成しましょう。

サジェストキーワードを活用したSEO対策をしよう

サジェストキーワード機能をSEO対策に活用すれば、検索エンジンの上位表示、アクセス数アップなどが期待できます。無料で利用できる便利なツールもあるので、サジェストキーワードに沿ったコンテンツ作成によってSEO対策を行いましょう。

また、SEデザインではSEOに対応したコンテンツ制作を行っています。お困りの方はお気軽にご相談ください!

お困りごとを相談してみる

 
  • facebook
  • mail

関連する記事