SEDesign

世界的に盛り上がる「HR Tech」とは?HR Techサービスの特徴と導入メリット

SEデザイン編集部
2020-06-30

画像1-3

今、人事業界で注目されているHR TechHuman Resources Technology)をご存知でしょうか?人材募集・採用、人材管理、労務管理、社員の教育・育成などにおける生産性向上や業務効率化を目的として、導入する企業が増えています。この記事ではHR Techの基本的な概要や具体的なサービスを解説していきます。

HR Techとは?

画像2-3

HR TechはHuman Resources Technologyの略で、Human Resources(人事)とTechnology(技術)を組み合わせた造語です。人事に関するあらゆる業務において、最新のテクノロジーを活用して問題解決や効率化を図ることを指します。具体的なテクノロジーとして、クラウドやビッグデータの解析、AIなどが挙げられます。

世界的なHR Techのカンファレンスについて

アメリカで始まった「HR Technology Conference&Exposition」は2020年現在で20回以上開催されており、世界的に知名度のあるカンファレンスです。毎年多くのベンダーが出展しており、海外におけるHR Techの最新トレンドを知ることができます。

日本デジタルトランスフォーメーション推進協会HR Techとは〜注目されている背景と市場の盛り上がり〜」HRTechナビ, HR Technology Conference&Expositionの開催回数を参照, https://hrtechnavi.jp/terms/about-hrtech/

HR Techが日本で注目されている理由

少子高齢化が進む日本では年々労働人口が減少しており、業務効率化による生産性の向上や、新たな人材の確保が企業の大きな課題となっています。近年では特に働き方の多様化が進み、副業を解禁する企業や、テレワーク(在宅勤務)で仕事をする人も増加しています。こうした課題や働き方に対応するためにHR Techの期待が高まっています。

HR Techの市場状況

画像3-3

HR Techの概要に続いて、HR Techの市場規模がどの程度なのかを見ていきましょう。

日本におけるHR Techの市場規模

日本国内におけるHR Techのクラウド市場規模は、2019年に1,000億円を超える市場規模となり、2023年までに2,504億円まで増加すると予想され、今後も成長が期待される分野です。また、HR Techベンチャーのニュースの数は2017年から10倍以上に増加しており、市場規模の拡大具合が伺えます。

株式会社シード・プランニング「シード・プランニング、HRテクノロジーの市場規模を算出」, https://www.seedplanning.co.jp/press/2019/2019120201.html

※日本デジタルトランスフォーメーション推進協会「HR Techとは〜注目されている背景と市場の盛り上がり〜」HRTechナビ, 「HR Tech市場の盛り上がり」を参照, https://hrtechnavi.jp/terms/about-hrtech/

盛り上がりを見せるHR Tech市場

なぜ、HR Tech市場はこれほどの盛り上がりを見せているのでしょうか?先に述べたように、国内の労働人口が減少していることも大きな要因の1つですが、その他にも利用されるデバイスの多様化やSaaSが普及したことも背景にあると考えられます。

  • 利用デバイスの変化
  • タブレットやスマートフォンが広く普及したことで、誰でも利用できる使いやすいソフトウェアが登場してきました。時間と場所を選ばずに情報のインプット・アウトプットが行えるようになったことが、市場規模拡大の1つの要因として挙げられます。
  • ・SaaS(Software as a Service)の広がり
  • SaaSは定額課金制のクラウド型サービスを指します。従来のソフトウェアは、購入した後アップデートのたびに追加で課金をしていく方法が主流でした。SaaSはその流れを変え、コストを抑えながらも、最新バージョンのサービスを導入することが可能になりました。

HR Techの具体的なサービス内容と特徴

画像4-3

HR Techの注目されているサービスとして、具体的に以下のようなものが挙げられます。

人事評価システム

人事評価システムは社員の実績や保有資格、過去に担当した案件などをデータベース化して管理できるシステムのことを指します。社員一人ひとりの情報をまとめて一元管理でき、人事評価における判断材料として利用できるのが特徴です。全社員の技術力やスキルに関するデータを統計的に分析することで、会社が新たに取り入れるべき技術やスキルを浮き彫りにすることもできるため、新規採用をする際の参考にもなります。

採用管理システム

採用管理システムは人材採用シーンにおいて応募者の情報を管理するシステムです。数百人単位で人材を募集するような企業では、履歴書やES(エントリーシート)、選考状況などの情報を管理するだけでも膨大な労力がかかります。これらの情報をデジタル化して保存・管理することで、選考業務の効率化を測ることができるほか、人材採用におけるデータの参照・分析も行えるようになります。

労務管理システム

労務管理システムは労使に関する情報を管理するシステムで、社員への給与支払い情報や年末調整に関する業務の一部を自動化するなど、労務に関する業務時間の短縮に繋がります。また、社員が会社に書類を提出するフローをオンライン化できるシステムもあるため、出社をしない社員でも書類の提出が可能になる等のメリットもあります。

勤怠管理システム

勤怠管理システムは社員の勤怠情報を管理するシステムです。出退勤の情報を集計する手間を省くことができ、打刻情報から給与の計算を行うこともできます。社員が勤怠情報を手動で入力する必要がなくなるため、打ち間違えや打ち忘れなどを防止でき、社員の生産性向上にも繋がります。

HR Techのサービスを利用するメリット

画像5-3

HR Techのサービス導入を導入することで、具体的にどのようなメリットを受けられるのでしょうか?主に業務効率化や情報のデジタル化によるメリットを以下で見ていきましょう。

単純作業の効率化を図れる

情報をデジタル化することによって、情報の管理・参照といった取り扱いが効率化されます。最先端の技術であれば、給与計算や勤怠管理の入力まで自動化され、社員の負担軽減にも繋がります。

社員の生産性向上が期待できる

社員の保有スキルや過去の評価、さらに仕事の傾向、人間関係、価値観など、個人ごとのパーソナルデータを収集・分析することで、最適な人事配置をすることが可能になります。最適な人事配置は社員の業務効率化に繋がり、生産性向上が期待できます。

業務精度の向上を図れる

紙ベースでの業務は、確認漏れや書き間違いといった単純なミスを防ぐことが難しいですが、書類の申請や資料の作成などをデジタル化することで、ミスを大幅に減らすことが可能です。システムによる自動チェックを行ったり、アラート機能を設けて漏れをなくしたりすることで、業務精度の向上を図れます。

客観的なデータをもとに採用・評価ができる

人材採用や人事評価において、システムに登録されているデータをもとに判断することで、客観的な判断が可能になります。面接官の好き嫌いや、上司の主観的な評価に左右されることなく、定量的かつ客観的な判断を行うことで、公平性を担保することに繋がります。

HR Tech企業におすすめしたいコンテンツマーケティングとは

画像6-3

ここからは、HR Tech企業のマーケティング施策において効果的であるとされる、コンテンツマーケティングについて紹介していきます。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングは、デジタルマーケティングの一種で、価値のあるコンテンツの提供に重きを置いたマーケティング手法を指します。マーケティングに活用するコンテンツはSNSやブログ、動画などが挙げられます。また、コンテンツマーケティングはインバウンド施策も兼ねており、顧客の方から商品やサービスにアプローチしてくるサイクルを作り出すことも可能です。

HR Tech企業とコンテンツマーケティングの相性が良い理由

HR TechのサービスはCRMSFA等のクラウド型システムなどと同様で、実際に導入して運用するまで自社での活用方法や、成果が明確になりにくいというデメリットがあります。また、世界的に盛り上がりを見せているとは言っても、HR Tech関連サービスの導入率はまだまだ多いとは言えない状況のため、顕在化している見込み顧客が少ないと言えます。

そこで、コンテンツマーケティングを実施して潜在的な見込み客との関係性を築きながら、サービスの活用方法や成果イメージを持ってもらうことで、マーケティング効率が圧倒的によくなります。

HR Tech企業こそコンテンツマーケティングでブランディングするべき

HR Techサービスは企業の根幹となる「ヒト」に深く関わるサービスであるため、サービスを提供する企業の信頼性やブランド力が重要になります。質の高いコンテンツを公開することで、自社の考え方やブランド力を提示することが可能です。

また、「ヒト」に関わるサービスである特徴を活かして、後述するインタビュー記事などで利用者やシステムで管理される側の生の声を収集・公開することにより、サービスの訴求にも繋がると言えます。

コンテンツマーケティングのトレンド

市場規模の拡大により、HR Tech企業同士の競争が激化する中で、コンテンツマーケティングを重要視する企業が増加しています。以下で、どのような施策を行っているのか具体的にご紹介します。

  • インタビュー記事の公開
  • インタビュー記事は、取材の対象となる人物のポジションや専門領域によって、さまざまな角度から制作が可能です。取材の対象者はインタビュイーと呼ばれ、インタビュイーと繋がりを持つクライアントやファンなどにもアプローチできます。また、社内インタビューをコンテンツ化して、自社の特徴をアピールすることで、自社のブランドイメージを増強することも可能です。
  • 導入事例の紹介
  • ターゲットに対してHR Techを導入した際の、具体的な活用イメージを持たせるのに役立つのが導入事例の紹介です。導入事例を制作する場合は、以下の4つの視点から具体的に解説する必要があります。
     
    1. 導入する理由
    2. サービス選定におけるポイント
    3. 導入前の課題点
    4. 導入したことで期待できる効果
    こうしたポイントをおさえて作成された導入事例は、導入前の参考資料や営業資料として活用されることも多く、見込み顧客が導入を検討する段階で効果を発揮します。
  • ・eBookの提供
  • eBookは製品仕様、業界データ、他社サービスとの比較といった情報をまとめたデジタル資料を指します。基本的にPDF形式で提供され、サイトからデータをダウンロードできる場合が多いです。質の高いコンテンツを自由なレイアウトで発信できるのが強みで、図や写真を活用して読みやすさ、伝わりやすさに注力することもできます。

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングを活用する場合に、費用や集客力などの観点から考えられるメリットを見ていきましょう。

  • 初期費用があまりかからない
  • 予算があまり無い場合でも、コンテンツを自社で作成し、オウンドメディアに掲載するだけで実施できるため、コストがあまりかからないという特徴があります。最初はコンテンツが少なく内容が最適化されていなくても、継続的に加筆・修正をすることで、提供できる情報量を増やし、ユーザー目線で最適化することができます。
  • ・SNSを利用した集客効果が見込める
  • 読者がSNSで情報を拡散してくれれば、SNSからのリード流入も見込めます。インバウンド型の施策のため、ユーザーが自ら進んでアプローチしてきてくれるのが特徴です。ユーザーの意志による流入のため、購買意欲が高く、商材に適合した見込み客を効率的に集めることができます。
  • アピールできるコンテンツが増える
  • 有益なコンテンツが多いほど、オーガニック検索を経由で流入してくるユーザーも増えるため、SEO対策にも効果を発揮します。また、Web上に公開するコンテンツであるため、情報の更新や変更が容易にできる点もメリットとして挙げられます。

HR Tech分野のコンテンツマーケティング支援

画像7-2

SEデザインでは、HR Tech企業が注力しているコンテンツマーケティングにおける全般的な支援を行っており、マーケティング施策の設計から改善までワンストップで対応可能です。また、多数の実績と長年の経験から、企業様のフェーズごとに最適な施策を提案できます。

コンテンツマーケティングにご興味をお持ちの方は、以下から無料のeBookをダウンロードしてください。本書では、HR Tech業界に焦点を当てて、コンテンツマーケティングの最新トレンドをお届けしています。

新規CTA

お役立ち資料のご案内(インバウンドマーケティング入門ガイド)

  • facebook
  • mail

関連する記事