SEDesign

集客率・サイト価値を上げる!コンテンツSEOに効果的な対策と注意点

SEデザイン編集部
2021-10-14

87925983_l効果的なサイト運営に欠かせないコンテンツSEOですが、現状と目標に対して最適な対策を講じることができているかどうか不安に思うことも少なくありません。
そこで今回は、コンテンツSEOの基本情報をおさらいしつつ、具体的な対策や注意点について紹介します。

コンテンツSEOとは?

40364805_lコンテンツSEOとは、検索結果画面で上位表示されるためにハイクオリティな記事コンテンツを作るための対策のことです。

どんなに良いコンテンツであっても、検索結果に表示されなければ意味がありません。多くの人にサイトを訪れてもらうためにもコンテンツSEOは重要なものであり、サイト運営において必要不可欠な知識といえます。

コンテンツSEOとテクニカルSEOの違い

コンテンツSEOという言葉を聞いて、「テクニカルSEOとの違いとは?」と思う方もいるでしょう。どちらも似たような言葉ですが、意味が異なります。

コンテンツSEOは、先述のように検索結果において上位表示されるために質の高いコンテンツを作る方法です。
一方、テクニカルSEOは、コンテンツSEOと同じ目的ながらも、サイトのバックエンドやサーバーの最適化などの内部調整を指します。

どちらも検索結果において上位表示されるために行うものですが、作業内容に違いがあるためコンテンツSEOとテクニカルSEOを間違えないようにしましょう。

コンテンツSEOを外注する際の費用

コンテンツSEOは自社で行う方法のほかに、外部に任せる方法もあります。SEO対策を外部に任せることによって、そのほかの業務に集中して取り組むことができるだけでなく、SEO対策の不手際による問題をあらかじめ防ぐことも可能です。

外注の場合に気になるのはコストですが、コンテンツSEO費用は目的と内容に応じて異なります。
例として記事制作のみを外注する場合、本数にもよりますが月額10万円以下に抑えることも可能です。CMSの設置やアクセス解析、コンサルティングなど、本格的なサイト運営を委託する場合は、月額50万円以上の費用がかかることも珍しくありません。

このように目的や内容に応じてコストが変わるからこそ、外部に任せる目的や詳細な内容、予算などを事前に把握したうえで最適なサービスを探す必要があります。

潜在ユーザーへのアプローチにもおすすめ

コンテンツSEOは、サイト名やブランド名を知らない潜在ユーザーへのアプローチにも役立ちます。記事の表示順位が上がることで、潜在ユーザーを獲得しやすくなるためです。

見込み顧客に自社のブランド、サービス、商品などを周知させ、潜在的なニーズにアプローチしたいと考えている場合にこそ、コンテンツSEOは効果を発揮するのです。

コンテンツSEOにおける3つの利点

31464514_lコンテンツSEOの利点としては、「安定かつ長期的な集客ができる」「サイトとしての評価が向上する」「多くの人に情報を届けやすくなる」のなどが挙げられます。
ここではそれぞれの利点について詳しく見ていきましょう

安定かつ長期的な集客ができる

コンテンツSEOは安定した集客方法として有効なものであり、集客数が日々大きく変動することはほぼありません。安定しているからこそ長期的な運営方針も決めやすく、将来的な計画も立てやすいでしょう。

一方、サイトの集客方法として一般的なリスティング広告の場合、集客数を増やせば増やすほど広告に対する費用も増加します。そのため、予算が少ない場合は現実的とはいえません。

しかしコンテンツSEOの場合、蓄積したコンテンツ自体が資産としてサイト内で集客効果を発揮し続けます。

このように、常時費用がかかる傾向にあるリスティング広告に対し、コンテンツSEOの場合、一度コンテンツを準備すれば長期的かつ安定的な集客効果が期待できる点が魅力です。

順位・評価・サイト価値が向上する

コンテンツの質を高めることで、表示順位や検索エンジンの評価も上がります。そうなるとサイト全体の表示順位も上がり、指名検索や認知度の向上が見込めるようになるでしょう。

また、コンテンツSEOはサイトを会社の資産として活用していくうえでも重要な存在で、正しく対策を講じることでサイト価値を上げることも可能です。
さらにサイト内コンテンツは、一度公開すると非公開や削除されるまでは永遠に何らかの効果をもたらしてくれるため、サイト経由で顧客からの問い合わせや商品の購入などにつながることもあります。

このように、コンテンツSEOには表示順位や評価、サイト価値を上げる効果があり、その対策としては、コンテンツの質に重きをおいた制作が重要です。
低品質なコンテンツが多いサイトは会社としてのイメージに悪影響を及ぼす可能性もあるので、質の高いコンテンツ制作を意識しましょう。

多くの人に情報を届けやすくなる

信頼性の高いコンテンツは、個人ブログの引用対象として取り扱われたり、他サイトでの被リンクとなったりすることにもつながります。そのほか、検索エンジンやSNSからの流入増加も見込めるので、流入経路拡大にもつながるでしょう。

このように、質の高いコンテンツは自然と拡散されるため、多くの人に情報を届けることができるのです。

コンテンツSEOを行う際の2つの注意点

132223099_lコンテンツSEOは安易に取り組むと失敗することがあります。
以下の注意点をおさえたうえで対策を講じましょう。

短期間で効果を求める方には不向き

コンテンツSEOでは安定的かつ長期的な集客を期待できますが、すぐに効果を得られるわけではありません。
検索エンジンがコンテンツを見つけるのに一定の時間を要すること、コンテンツ数が成果に影響することなどがそのおもな理由です。

コンテンツSEOはあくまで中長期的な対策なので、即効性を求める方や短期間で効果をもたらしてくれる方法を探している方には不向きといえます。

長期的な管理が必要

コンテンツSEOを運営するためには、定期的なメンテナンスも行わなければなりません。
コンテンツ公開後、なかなか順位が上がらない場合は、上位サイトと比べて不足している点や不要な点がないか、確認してリライトをしていきましょう。

また、検索結果は流動的なものです。一度検索結果で上位になったとしても、数ヶ月後に大きく順位が下がってしまうことがあります。この場合の対策は、ユーザーニーズの変動や競合コンテンツのアップデートなどをチェックしてリライトをしていきましょう。

検索結果での順位上昇と維持のためには、潜在ユーザーが求めていることや競合コンテンツの内容なども考えながら、長期的に管理していくことが求められます。

コンテンツSEOにおいてとるべき4つの対策

12562979_lコンテンツSEOには自社とユーザーの分析やコンテンツの質の向上が重要です。
具体的な対策方法を知っておくことで、効果的なコンテンツSEO対策を講じましょう。

自社と潜在ユーザーの分析を行う

まず、自社と対象ユーザーの分析を行います。

自社分析では発信可能な情報や関連情報の上位キーワードなどを分析し、コンテンツ化すべき内容とそうでない内容を明確にしていきます。
またユーザー分析では、ターゲットとするユーザーのペルソナやユーザーが検索しそうなキーワード、求められている情報などを分析していきます。

最初に両者の分析を行い、その結果に基づいた計画に沿ってコンテンツ制作を進めていくことで、無駄のない対策を講じましょう。

コンテンツの質を高める

コンテンツの質を高めることは、ユーザーや検索エンジンの評価向上にもつながります。
質向上の具体的な方法としては、「E-A-Tを満たすこと」「YMYL領域を避けること」が有効です。

1. E-A-Tを満たす

コンテンツを作るうえでは、専門性と権威性、そして信頼性を満たすように心がけることが肝要です。これらは「E-A-T」と呼ばれており、質の高いコンテンツとして評価されるためには必要不可欠なポイントといえます。

3つを満たすためのおもな方法としては、公的機関のデータを引用・参照すること、専門家に記事制作や監修を依頼すること、常に最新の情報にアップデートすることなどが挙げられます。

2. YMYL領域を避ける

「YMYL」とは、人生に多大な影響を与える可能性があるコンテンツ領域のことです。たとえば、経済的な内容、健康や病気に関する内容、安全性に関する内容を発信するコンテンツなどを指します。

先述のE-A-Tにも関連しますが、特にYMYLジャンルのコンテンツにはより高度な専門性や信頼性が求められるため、事前に検討や準備が必要です。具体的には、GoogleガイドブックではYMYL領域における専門性や信頼性に関する評価が細かく設定されており、より緻密なSEO対策を要します。

そのため、専門分野でない限り、医療・健康系、法律系、金融系などのYMYL領域のコンテンツ制作は避けておくのが無難といえるでしょう。

競合サイトを研究する

コンテンツのSEOでは、競合サイトの研究も大切です。競合サイトの内容や想定しているターゲットなどをチェックしてみることで、自社のサイトでどのようなコンテンツを作成すればいいのかが見えてきます。

ただし、競合サイトに影響されすぎて似たようなコンテンツを作ると評価が下がってしまう可能性があるため、実際にコンテンツを制作する際は競合サイトとの差別化も考えながら作成しましょう。

定期的なメンテナンスで情報更新

コンテンツは一度公開すれば良いというものではなく、定期的なメンテナンスが必要です。メンテナンスを行うことで検索順位の維持にも役立つため、ある程度公開して時間が経ったら情報の更新を行いましょう。

例として、数値や住所などの流動しやすい情報のアップデートや、流行キーワードを反映したリライト、内部リンクの貼り付けなどの作業があります。

メンテナンスを行う際は、競合サイトやユーザーニーズなどを的確にとらえながら、コンテンツの質を高めていきましょう。

コンテンツSEOの基礎を覚えて効果的な運営を

35337010_l今回は、コンテンツSEOの基本情報やおもな対策などを紹介しました。
コンテンツSEOにはさまざまな利点がある一方、いくつかの注意点もあります。やみくもなSEOで時間と手間を無駄にしないためにも、注意点をおさえたうえで対策を講じましょう。
また、外部依頼することで上質なSEO対策を効率的に講じることもできるので、社内環境や目的に応じて検討してみるのもおすすめです。

新規CTA

  • facebook
  • mail

関連する記事

新規CTA

カテゴリー

ニュースレター購読

SEデザインからブログの更新情報をお届けします。