SEDesign

SurveyMonkeyと連携できる!調査に役立つツール10選

SEデザイン編集部
2022-02-03
2022-02-03
目次

surveymonkey-tool1

市場動向調査やマーケティングに有効なアンケート作成支援ツールですが、なかでも導入企業増加中のSurveyMonkeyは、顧客管理などさまざまなツールとの連携が可能です。

この記事では、SurveyMonkeyと連携できるさまざまなツールを紹介します。

▼SurveyMonkeyについて詳しく知りたい方には下記の記事もおすすめです。 

SurveyMonkeyの使い方をマスター!機能・料金プラン紹介

そもそもほかのツールと連携できるの?

53102080_mアンケートの作成をはじめ、回答集計や分析まで行えるSurveyMonkey。1999年に登場して以来、30万社以上の企業で導入されています。

SurveyMonkeyにはアンケート調査に便利な機能が豊富に備わっているため、短期間で効果的にアンケートを実施することが可能です。また、紙媒体で行う手書きのアンケートとは違って、記入や郵送などの手間も省けるので、解答率向上も期待できるでしょう。さらに、手続きや操作もシンプルに設計されているので、アンケート対象者だけでなく、運営する側にとっても使いやすいといったメリットもあります。

そんな多くの企業から注目されるSurveyMonkeyは、さまざまなツールと連携することが可能で、連携によってより有益なマーケティングを行うことが可能です。

ビジネスチャットツールとの連携

ビジネスチャットツールとSurveyMonkeyは、お互いに連携することが可能です。

ビジネスチャットは、おもに社内コミュニケーションを目的にしたツールで、気軽にコミュニケーションが取れるため、テレワークにおけるコミュニケーション不足解消の手段としても需要が高まっています。

たとえば、社内で業務の実態や満足度などの調査を行う際など、ビジネスチャットにアンケートを添付して意見を集めたり、反応を確認できたりと、さまざまな使い方が可能です。

マーケティングプラットフォームとの連携

マーケティングのさまざまな業務をサポートしてくれるのが、マーケティングプラットフォームです。マーケティングは企業成長に必須ですが、工数や手間がかかるためなかなか手をつけられないことも少なくありません。

そんなマーケティングプラットフォームとSurveyMonkeyを連携させ、質問項目を設定することで、顧客満足度やニーズを吸い上げることができます。

ただし、有料プランでのみ利用できるため注意しましょう。

メールマーケティングツールの活用

顧客に対して新商品やサービスの告知、キャンペーン内容の紹介などを自動的に行ってくれるのが、メールマーケティングツールです。見込み客の育成が目的で、ターゲティングやリターゲティング、ステップメールなどさまざまな機能が備わっており、効果的なアプローチができます。

そんなメールマーケティングツールとSurveyMonkeyを連携させると、メールにアンケートURLを添付して送信することができます。また、アンケートの結果取得後の分析もできるため、効率的にデータ収集と活用を行うことが可能です。

顧客管理ツールとの連携

取引先の企業や顧客の情報をデータベースにまとめられるのが、顧客管理ツールです。顧客情報の管理や分析、顧客への連絡などの機能が備わっており、顧客情報を一括管理できるといったメリットがあります。

SurveyMonkeyは、顧客管理ツールと連携させて市場調査におけるアンケート結果を反映させることが可能です。

ただし、顧客管理ツールと紐づけられるのはエンタープライズプランのみに適用されるため、連携させたいときは注意しましょう。

HubSpot無料版のお申し込みバナー

SurveyMonkeyと連携可能なツール10選

146911811_mSurveyMonkeyは、ビジネスチャットやマーケティングプラットフォーム、顧客管理ツールなどと連携できます。

SurveyMonkeyと連携可能なおもなツールは、以下のとおりです。

  • Salesforce
  • Marketo
  • remind
  • HubSpot
  • Slack
  • Zapier
  • Visme
  • Shopify
  • Mailchimp
  • Zeho Campaign

ここでは、それぞれの連携によって可能な機能などを介します。

アンケートの目的に合わせて適したツールを選びましょう。

1. Salesforce

04_salesforce-1顧客管理や営業支援システム、マーケティングを支援する「Salesforce」(セールスフォース)は、セールスフォース・ドットコム社が提供するクラウド型ビジネスアプリケーションです。世界の15万社以上で導入されるほど高い実績があり、世界トップレベルの認知力とシェアを誇ります。

SalesforceとSurveyMonkeyは連携可能で、紐づけすると実施したアンケート結果のスムーズな統合や集計を行えるのが特徴です。自社の商品やサービスはもちろん、顧客の関係構築にも役立てられます。

SurveyMonkeyはエンタープライズプランのみで利用できる機能ですが、Salesforceを導入している場合は利用を検討するとよいでしょう。

2. Marketo

marketo「Marketo」(マルケト)は、獲得した見込み客の情報を一括管理し、商品やサービスの購入を促すための顧客接点を支援するマーケティンオートメーションツールです。株式会社マルケトが提供しており、5,000社以上の導入実績を誇ります。

Marketo単体でもアンケート調査を行うことはできますが、保存データや回答による設問分岐に制限があるため、SurveyMonkeyとの連携がおすすめです。連携によってお互いの機能を十分に活かしたマーケティングを行えます。

取引先企業や顧客の情報、満足度、アンケートの回答など、通常はMarketoでの保持が難しい情報も、SurveyMonkeyを経由すればこれらのデータを取り扱えるようになるのです。

3. HubSpot

image-37

「HubSpot」(ハブスポット)は、米国に本社を構えるハブスポット社が提供するマーケティングプラットフォームです。9万社を超える企業が導入しており、顧客の自発的な行動を促すインバウンド型の手法を得意としています。

そんなHubSpotは、無料で使用できる範囲が広いのも大きな魅力で、SurveyMonkeyと連携することも可能です。

操作方法はダッシュボードから「統合&プラグイン」を選び、「HubSpot」を選択するだけと簡単で、紐付けしてデータを同期させることで顧客満足度の調査やアンケート結果を一括でまとめられます。

ただし、SurveyMonkeyは有料プランでのみ適用されるため注意しましょう。

資料ダウンロード(HubSpot活用ガイド)

4. Slack

image

米国のスラック テクノロジー社が開発した「Slack」は、ビジネスチャットツールです。米の株式市場ではすでに上場を果たしており、日本ではソフトバンクが出資するなど、注目を集めています。

実際にSlackを導入する企業は多く、中小企業から大企業まで幅広く利用されているのも特徴です。

SlackにはGoogleカレンダーやドライブなどの外部ツールと連携させる機能が備わっており、各サービスを集約することができます。たとえば、アンケートを実施したいときなどに、SurveyMonkeyと連携させて社内調査を行うことも可能です。

▼Slackについて詳しく知りたい方はこちら
Slackが優れている3つのポイントを押さえよう!各チャットツールの機能・料金・メリットを比較

5. Zapier

2021年に米国Zapier社が提供を開始した「Zapier」(ザピアー)は、タスクを自動化できるツールです。異なるアプリやツールと連携し、自社に合わせて業務を自動化するツールを組むことができます。日本を含む世界400万人以上のユーザーを持っており、リモートや在宅ワークの拡大にともない、今後もさらなる増加が見込まれているツールです。

Zapierで連携できるサービスは、SurveyMonkeyも含めて1,500種類以上あります。SurveyMonkeyとZapier の連携により、SurveyMonkeyで回答したユーザに対して自動的にメールを送信することが可能です。

▼Zapierについて詳しく知りたい方はこちら
作業を手軽に自動化できるZapier(ザピアー)とは?ツールの特徴と基本的な使い方を紹介

6. Mailchimp

Mailchimp米国ロケット・サイエンス・グループ の子会社Mailchimp社が提供する「Mailchimp」(メールチンプ)は、メール配信ツールです。世界で1,300万社以上が導入しており、2019年には3,400億通以上のメールが送信されたことが発表されました。

Mailchimpには無料プランが用意されており、連絡先を2,000件まで登録することが可能です。そんなMailchimpとSurveyMonkeyを連携させることによって、顧客リストからアンケート調査を実施できます。

▼Mailchimpについて詳しく知りたい方はこちら
メール配信ツールMailchimpとは?豊富な機能やプランを紹介

7. Zoho Campaigns

米国Zoho社が提供する「Zoho Campaigns」(ゾーホー・キャンペーン)は、メール配信を簡単に行えるメールマーケティングツールです。メールの配信をしたあとに顧客の反応を細かく確認できるため、状況に応じたメール配信を継続できます。

また、ステップメールやA/Bテスト、テンプレートなどの便利な機能を多く備えており、見込み客に対して効果的にアプローチすることが可能です。

そんなZeho CampaignにSurveyMonkeyを連携させれば、アンケートの実施だけではなく、メール配信を活用したキャンペーンも行うことが可能です。

8. Visme

米国Visme社が提供する「Visme」(ヴィスム)は、インフォグラフィックを簡単に作成できるツールです。プレゼン資料やレポートを作成する際などにチャートやグラフ、表などのインフォグラフィックを活用することで、より分かりやすい資料を作成できます。

130万人以上のユーザー数を誇るVismeとSurveyMonkeyを連携させると、アンケートの調査結果をVismeに埋め込むことができ、より分かりやすく情報を可視化することが可能です。

9. Shopify

ECサイトの開発や運営をサポートしてくれる「Shopify」(ショッピファイ)は、簡単にオンラインストアを開発できるプラットフォームです。世界中の170店舗以上で導入されおり、日本ではShopify Japan株式会社が2017年から本格的にサービスを開始しました。

そんなShopifyとSurveyMonkeyを連携させると、顧客にアンケート調査を実施できます。回答の回収後は、集積したデータを分析することも可能です。

10. remind

2011年に米国remind社が提供を開始した「remind」(リマインド)は、学校と生徒、保護者を繋ぐコミュニケーションツールです。米国では35万人を超える教育者で利用されており、アクティブユーザーは2,000万人以上と認知度が高いツールといえるでしょう。

提供されているサービスは、宿題や学習コンテンツの共有や学校イベントの告知などの連絡網として利用可能です。

remindは、SurveyMonkeyと連携させることができます。生徒や保護者に対してアンケートを行いたいときに双方を連携させれば、より有益な情報を集められるでしょう。日本の教育現場では認知度が高いとはいえませんが、米国では広く知られているツールといえます。

ほかのツールを活用してアンケート調査に役立てよう!

市場の動向を把握するために有効なアンケート調査は、実際に実施すると手間や時間がかかるといったデメリットもあります。そのような弱点を解消してくれるのが、アンケート作成ツール「SurveyMonkey」です。

SurveyMonkeyは、MailchimpやShopifyなど、今回紹介したようなさまざまな他ツールと連携することができます。タイムリーにより有益な情報を吸い上げるためにも、ほかのツールと連携しながらアンケート調査を行いましょう。

HubSpot無料版のお申し込みバナー

  • facebook
  • mail

関連する記事

新規CTA

カテゴリー

ニュースレター購読

SEデザインからブログの更新情報をお届けします。