コンテンツマーケティングの戦略とは?策定のプロセスと手順を解説

公開日:2023-12-27 更新日:2024-04-04 by SEデザイン編集部

目次

コンテンツマーケティング 戦略-1コンテンツマーケティングは、幅広いチャネルを活かしてユーザーとの関係を強化し、コンバージョンにつなげていく施策です。

従来の広告手法よりもコストパフォーマンスに優れているものの、戦略的なアプローチがなければ、目的を達成できる取り組みではないといえます。

この記事では、コンテンツマーケティングにおける戦略の概要の必要性や策定の手順について、詳しく解説します。

コンテンツマーケティングにおける戦略とは

hand drawing creative business strategy with light bulb as conceptコンテンツマーケティングにおける戦略とは、中長期的なマーケティング施策を行う指針や方向性の根幹となるものです。目的達成の可否は戦略が全てといっても過言ではないでしょう。

コンテンツマーケティングは、自社で独自にコンテンツを企画・制作し、ユーザーに提供することで商品やサービスとの関係を深め、コンバージョンにつなげる施策です。

場当たり的なコンテンツの投下や企画では、ユーザーにとって最適なタイミングでコンテンツの提供ができるとは限りません。期待していたような成果が得られないこともあるでしょう。

そのため、コンテンツマーケティングはユーザーの役に立つコンテンツを、戦略によって、適切な場所とタイミングで提供し、顧客との関係を円滑に促し、自社の商品やサービスの価値を高めることが重要です。

なぜコンテンツマーケティングに戦略が必要なのか

コンテンツマーケティングは、継続的に質の高いコンテンツ発信を続けることを前提としているため、短期間で成果を期待することはできません。そのため、あらかじめ戦略を丁寧に立てたうえで施策を実行しないと、安定したコンバージョンの獲得にはつながらないでしょう。

コンテンツマーケティングは一般的な広告運用よりもコストパフォーマンスに優れるものの次のような点を意識しなければなりません。

  • 施策の実施には費用も時間もかかるため、限りあるリソースを効果的に運用するためにも、丁寧な戦略策定が必要となる
  • 価値ある情報発信を販売者から行い競合との差別化に取り組む

潜在顧客に対して商品をアプローチするためには、積極的かつ戦略的なコンテンツ発信によって、顧客との強力な関係を築くことが重要です。

コンテンツマーケティングにおける戦略策定の手順

コンテンツマーケティングを成功に導くための戦略策定を実施するには、ここで解説する手順をふまえて施策を検討していくことが大切です。

コンテンツマーケティングにおける戦略策定の手順

現状分析・ゴール設定

コンテンツの企画や制作を進める前に、現状の分析を実施しましょう。なぜコンテンツマーケティングが必要になったのか、何を達成したいのか、課題から具体的にしておくことが大切です。

コンテンツマーケティングによって達成したい目的については、KGI指標として数値化しましょう。商品の購入数、問い合わせ数、会員登録者数など、どんなコンバージョンを求めるべきなのかを明確化できれば、戦略設計がしやすくなります。

ペルソナ設定

達成すべき目的が固まった後は、ペルソナの設定を進めましょう。自社から発信するコンテンツの受け手の人物像を可能な限り正確に描きます。

通常のターゲティングでは年齢や性別、職業などの大まかな属性情報に留まるものの、ペルソナ設定においてはさらに踏み込む必要があります。
基本の属性情報に加え、次のような項目が必要です。

  • 家族構成や所属部署
  • 年収
  • 休日の過ごし方
  • 性格
  • 住宅の家賃

ペルソナを設定することで、ユーザーが抱えているニーズを性格に把握し、コンテンツ制作においてユーザーのニーズに合うコンテンツを提供できる のはもちろん、また、マーケティング担当者間の間で正確なユーザーイメージを共有でき、コミュニケーションが円滑になるでしょう。

カスタマージャーニーマップの作成

カスタマージャーニーマップとは、顧客が販売企業と出会い、関係を強化して商品を購入し、優良顧客となってもらうまでの道筋を描いたロードマップのようなものです。

カスタマージャーニーマップに顧客の行動フェーズを落とし込むことで、顧客体験を細かくフェーズごとに分けられます。また、それぞれのフェーズでどのようなサービスを提供すれば良いのかを整理することが可能です。

カスタマージャーニーにおいて、どのフェーズを強化するために自社のコンテンツマーケティングを実行するのかを俯瞰的に捉え、最適なコンテンツの企画と制作を実現しましょう。

コンテンツ制作体制の構築

企画すべきコンテンツが具体化できた場合は、コンテンツの制作体制を固めましょう。コンテンツ制作は次の3つの方法で作成可能です。

  • 自社のリソースを割く
  • 部分的に外部委託する
  • 企画から制作を丸ごと外部委託する

自社に十分な余剰人材と時間がある場合は、自社制作でも可能です。しかし、既存業務に加えて、コンテンツマーケティングも同時並行で進める方法では負担が増大してしまいます。

業務の一部分あるいは大半を専門の企業やフリーランスに委託することで、効率的なマーケティング体制を構築することも検討してみましょう。

SEデザインでは、マーケティングコンサルティングからオウンドメディア構築やSEO記事制作、導入事例制作などのコンテンツ制作サービスまで一貫して対応可能です。貴社に合ったプランをご提案させていただきますので、コンテンツマーケティングにリソースを割く余裕のない場合は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

コンテンツ施策の決定・スケジュール確定

制作体制が整った後の次の段階では、コンテンツの具体的な内容や運用スケジュールを固めましょう。

コンテンツマーケティングには複数のアプローチがあるものの、どの方法を選ぶかは自社の必要に応じて正しく取捨選択することが大切です。また、施策の進行スケジュールをあらかじめ確定させておけば、スケジュール通りに企画を実行できるでしょう。

コンテンツの制作

コンテンツの大枠が固まったら、実際にコンテンツの制作に取り掛かりましょう。コンテンツにはユーザーニーズを解消できることに加え、専門性の高さを示すようなクオリティが求められます。そのため、制作期間にもある程度ゆとりを持たせておくことが大切です。

質の低いコンテンツではユーザーの関心を惹くことが難しいため、専門的なノウハウを持った人材に活躍してもらう必要があります。

PDCAサイクルを回しながら運用改善

制作したコンテンツは、あらかじめ計画していた通りのスケジュールでユーザーに向けて発信を行いましょう。

コンテンツを公開した後は、視聴動向やコンバージョンを定期的に確認することが大切です。たとえば、どんなコンテンツが高い評価を集めているか、コンテンツのどのような点が評価されているか、どこで離脱されているのかを把握しましょう。

伸び悩んでいるコンテンツであっても、問題を分析して改善に取り組むことで、その効果を上昇させることも可能です。

コンテンツマーケティングを成功させるための戦略のポイント

コンテンツマーケティングを成功させるためには、ここで解説する戦略ポイントを意識したうえで施策を実施しましょう。

ユーザーにとっての価値の目的をチームで共有する

ペルソナ設定や目標設定の段階で、ユーザーがどのようなコンテンツに価値を感じるのかをチーム内で共有しておきましょう。なぜユーザーがその情報に価値を感じるのかを理解し、本質的なニーズを満たせるため、質の高いコンテンツ制作に役立ちます。

目標に対する手段を明確にする

目標の明確化は、最適な手段を効率よく選択するために大切な方法です。どんなコンテンツでユーザーにアプローチするのかを決める場合は、目標をどのように設定していたのかを定期的に確認し、ベストな手段を選びましょう。

コンテンツ同士の相関性を整理し分かりやすくする

コンテンツは単体で価値を生む存在であるだけでなく、コンテンツ同士に関連性を持たせることで、相乗効果が期待できます。

コンテンツが充実してきた場合には、コンテンツ同士の相関性を洗い出し、整理しながらそれぞれの価値をより輝かせる施策も検討してみましょう。

コンテンツマーケティング戦略の成功事例

web content marketingここでは、コンテンツマーケティング戦略の成功事例をみていきましょう。今回はオウンドメディア主体の施策について触れます。

ライオン株式会社

大手生活用品メーカーのライオン株式会社は、コンテンツマーケティングの一環としてオウンドメディアの「Lidea」を運用しています。同メディアを通じて自社商品の紹介を積極的に行うことで、商品認知や購買促進を実現しました。

当初こそオウンドメディア運営に懐疑的だった同社ですが、確かな成果が得られることがわかった現在では、重要な施策の一つとして運用が進んでいます。

ユアマイスター株式会社

ECプラットフォームを手掛けるユアマイスター株式会社では、ライフスタイルメディア「YOURMYSTAR STYLE」を通じて暮らしに役立つ情報発信を行い、強力なSEOを実現しました。

生活の中のちょっとした悩みを解決するためのコンテンツは同社サービスのターゲットである主婦層を中心に需要が高く、検索上位を獲得したことで、本来の目的であるサービスの利用促進につなげています。

株式会社クラシコム

雑貨やインテリアなどの販売を手掛ける株式会社クラシコムは、読み物のように楽しめるECサイト「北欧、暮らしの道具店」の成功で知られている会社です。

独自性と商品への愛着が伝わる質の高い商品紹介記事が話題を呼び、強力な購買促進と、ECサービスそのもののブランド認知向上に役立っています。

まとめ:専門家の手を借りながら効果的な戦略を立てよう

この記事では、コンテンツマーケティングにおける戦略策定の重要性や効果的な戦略の固め方、その手順について紹介しました。

戦略的なコンテンツマーケティングの実行は、長期的に見れば高い成果が期待できる反面、準備に時間がかかったり、社内リソースを圧迫してしまったりする懸念があります。必要に応じて適宜外部の専門家の手なども借りながら、無理なく効果的なマーケティング戦略を実現しましょう。

コンテンツマーケティングならSEデザインにお任せください

戦略・設計から
クロージングまで、
トータルに
サポートいたします

SEデザインでは、マーケティング・セールスにおける戦略計画からインフラの構築、コンテンツ制作、データ分析にもとづく改善、顧客管理、セールス支援まで幅広くサポートいたします。

おもな取引実績
テクノロジーをお持ちの企業様を中心に、業界や規模を問わず、
多くの企業様のマーケティングを支援させていただいております。
※特定サービスに限らず、ロゴ掲載許可をいただいた企業のうち一部をランダムに表示しています。
電通国際情報サービス
ランスタッド
日立ソリューションズ
Geppo
三菱電機
シュナイダーエレクトリック
詳しく見てみる

 

新規CTA
SEデザインのマーケティング支援サービス

関連記事

コンテンツマーケティングで、
ビジネスの効果を最大化しませんか?

もっと詳しく知りたい方

ご質問・ご相談したい方