コンテンツマーケティングのメリットとデメリットを把握しておこう

公開日:2024-01-17 更新日:2024-05-13 by SEデザイン編集部

目次

コンテンツマーケティング メリット

Web施策の一環として耳にすることが増えたコンテンツマーケティングは、上手く活用できれば、マーケティングの成果を向上させることが可能です。
この記事では、 コンテンツマーケティングに取り組むメリットとデメリット、そして効果を最大化するための成功のポイントを解説します。

 

なぜコンテンツマーケティングが必要なのか

コンテンツマーケティングは、最近になって急速に認知度が高まってきた取り組みです。コンテンツマーケティングが必要とされる背景としては、以下3つの項目が挙げられます。

  • 広告費の高騰
  • 情報社会の高度化
  • 消費者心理の変化

広告費の高騰

これまでのインターネットを使った集客施策といえば、Web広告がポピュラーな方法でした。Web広告は現在も主流かつ比較的シンプルな取り組みですが、インターネット利用者の多様化・増加が進んだことで、広告の需要も高まり、出稿のコストは急騰しつつあります。

Web広告は安くて訴求効果が高いことが強みだったものの、現在はコストパフォーマンスのメリットが小さくなっており、その代替手段としてコンテンツマーケティングに注目する企業が増えているのです。

情報社会の高度化

消費者のニーズも大きく変化している状況です。インターネットの普及やSNSを通じて多くの情報が流れてくる環境にシフトしたことで、消費者が自らスマホやPCで容易に情報を収集できるようになりました。企業やサービスの価値提供の区別も 難しくなり「良いものを作れば必ず買われる 」という考え方が通用しなくなっています。

消費者心理の変化

TVやラジオなどを通じた企業からの直接的な広告発信や積極的な営業活動から得られる成果も減退傾向にあります。消費者が主体となった意思決定を促すコンテンツマーケティングは、現代においては欠かせないマーケティング施策となっています。

コンテンツマーケティングにおける5つのメリット

コンテンツマーケティングにおける5つのメリットコンテンツマーケティングに多くの企業が注目するおもな理由として、以下のような項目を意識しなければなりません。

  • コストパフォーマンスが高い
  • 会社やサービスのブランド向上につながる
  • 顧客ロイヤリティー向上に貢献できる
  • 新規顧客の開拓につながる
  • コンテンツを資産として蓄積できる

それぞれの具体的な効果を詳しく解説します。

コストパフォーマンスが高い

コンテンツマーケティングの最大のメリットは 、コストパフォーマンスの高さです。

広告施策は通常、広告を打つたびに広告制作費や出稿料がかかります。対して、コンテンツマーケティングはコンテンツの制作コストはかかるものの、出稿料は発生しません。

一度制作したコンテンツを自社サイトやSNSアカウント上で、コストをかけずに公開し続けられるため、 うまく運用が軌道に乗れば強力な情報発信効果につながります。コンテンツ一本あたりの費用や時間などのリソースも広告に比べると小さいといえるでしょう。  

会社やサービスのブランド向上につながる

コンテンツマーケティングの目的は、検索エンジンやSNSに対して、施策を展開し、一般ユーザーに価値提供を行いコンバージョンにつなげることです。 

潜在顧客としての属性を持ったユーザーにターゲティングし、的確にアプローチを進めることができます。自社の認知やブランドを向上させ、顧客のニーズを満たしたり、満足感を高めたりすることで、自社を頼ってもらえる可能性が高くなるでしょう。

たとえば、オウンドメディアとSNSを連携し、パーソナライズされたコンテンツを的確に配信するような施策を確立することで、高い相乗効果も期待できます。    

顧客ロイヤリティー向上に貢献する

コンテンツマーケティングによって、自社のサービスや自社の専門性、有用性をアピールできます。コンテンツマーケティングによって高い認知度を獲得できれば、認知したユーザーからの信頼をスムーズに得ることができ、積極的に自社を頼ってもらいやすくなります。

そして、顧客の声を集め、数値化できれば、顧客ロイヤリティーの分析・改善にもつながります。コンテンツマーケティングの実施は、顧客ロイヤリティー向上にも効果的といえるでしょう。

新しい顧客の開拓につながる

新たにコンテンツマーケティングを展開する場合、これまで自社の存在を認知していなかった層へのアプローチが実現できるため、新規顧客開拓効果が期待できます。たとえば、まだアプローチしていない層と全くサービスや商品を知らない層を獲得する場合などは、効果を発揮しやすいでしょう。

既存顧客との関係を重視してきた企業や地域特化のビジネスモデルを構築してきた企業であれば、コンテンツマーケティングの内容を見直し、これまでとは異なる層へのアプローチを行うきっかけにもつながります。

コンテンツを資産として蓄積できる

コンテンツマーケティングのメリットとして、作成したコンテンツを自社の資産として蓄積・運用できる点が挙げられます。

コンテンツは一度作ったら終わりではなく、半永久的に発信し続けることのできる存在です。単体では集客力を発揮できなくとも、まとまった数を確保できれば、コンテンツや自社の権威性獲得につながるでしょう。

リソースの確保も必要ですが、定期的なリライト・アップデートを繰り返すことで顧客の満足度を高められます。

コンテンツマーケティングの3つのデメリット

basic-knowledge-of-listing-ads6コンテンツマーケティングはメリットが期待できる反面、注意しておくべきデメリットや懸念点もあります。詳しくみていきましょう。

短期間では成果が得られない

コンテンツマーケティングは基本的に長期的な運用によって効果が得られるため、短期間での成果を見込むことはできないと考えておきましょう。

広告であれば出稿中の短期間で成果をあげることができますが、コンテンツマーケティングでは広告のような効果は得にくいでしょう。徐々に潜在顧客との関係を高めていく施策であるため、早期に購買を獲得する必要がある場合は不向きといえ ます。

コンテンツ制作のためのクリエイティビティが必要

コンテンツマーケティングは、継続的にユーザーにとってためになる情報発信をし続ける必要があるため、継続的に コンテンツを作り続ける体制や仕組みが大切です。 

広告もクリエイティブ な施策ではありますが、情報発信の機会はコンテンツマーケティングの場合には何倍にも増えるため、継続発信のための能力が必要です。

自社の専門性や創意工夫の力を発揮できるコンテンツ制作環境を整備し、ユーザーの関心を集めましょう。

炎上のリスクがある

オウンドメディアやSNSを活用するコンテンツマーケティングでは、炎上リスクにも注意が必要です。

根拠のない情報発信や他者の権利や名誉を侵害するような言動は、総じてバッシングの対象となるだけでなく、場合によっては訴訟問題に発展する可能性もあります。一度炎上してしまうとその後の対処にも膨大なリソースが割かれてしまいます。

コンテンツマーケティングを実施するにあたっては、ネットリテラシーの高い担当者や専門企業などを配置することも検討しましょう。

コンテンツマーケティングの効果を最大化するポイント

コンテンツマーケティングを成功に導くポイントコンテンツマーケティングにはメリットもデメリットもあります。そのうえで、コンテンツの運用が成功の鍵を握っているといえるでしょう。

コンテンツマーケティングのメリットを最大限に活かすためのポイントを解説します。

ユーザーが必要とする情報への理解を深める

コンテンツマーケティングで重要なのは、ユーザーへの理解を深めることです。ユーザーがどんな情報や商品を求めているのかを把握しておかないと、潜在顧客の心に刺さるコンテンツを制作することはできません。

企画 ・制作の際には、ターゲットの生活様式やトレンドなどへの理解を深め、あらかじめ丁寧にペルソナを設定し、綿密な計画を立てることが大切です。

専門的な人材やスキルを獲得する

コンテンツマーケティングでは、SEOやホワイトペーパーなどの施策を展開する必要があります。また、炎上を避けるためにも情報発信のノウハウが必要だといえます。

そのため、運用には専用のスキルを持った人材が必要となります。あらかじめ外部から確保しておくか、既存社員のノウハウ獲得に向けたスキルアップ研修などを実践しておきましょう。

長期運用を前提とした戦略を立てる

コンテンツマーケティングは長期的な取り組みとなるため、行き当たりばったりの施策では効果が期待できません。

どんなユーザーをターゲットとするのか、どんな目標を達成するのか、コンセプトはどうするかなどを丁寧に決め、目標を細分化しながら計画的に実行しましょう。 

外部委託やツールも活用する

コンテンツマーケティングのための専門人材がいない場合、外部の専門会社やフリーランス、専用ツールを活用することも検討しましょう。

外部委託先を選ぶうえで重要なのは、実績の確認と、費用対効果です。これまでにどのような成果をコンテンツマーケティングにおいて残してきたのか、どれくらいのクオリティの業務をどれくらいの費用で担当してもらえるのかを確認しておきましょう。

専用ツール導入においては、次の項目をよく確認しましょう。

  • 具体的な機能
  • ツールの使いやすさ
  • サポート体制

自社の課題解決に必要な機能が揃っているか、初心者でも使いやすい操作性を確保しているか、迅速にトラブルシューティングに対応してくれるかなども大切な要素です。

まとめ:メリット・デメリットを踏まえてコンテンツマーケティングを実施しよう

この記事では、コンテンツマーケティングのメリット、デメリットについて解説しました。

長期的な施策となるコンテンツマーケティングは、メリットとデメリットをふまえたうえで、計画的性も求められる取り組みです。

運用環境の整備や人材の確保を進め、業務の委託先を確保するなどの対策を実施し、効率的にコンテンツを発信していきましょう。

コンテンツマーケティングならSEデザインにお任せください

戦略・設計から
クロージングまで、
トータルに
サポートいたします

SEデザインでは、マーケティング・セールスにおける戦略計画からインフラの構築、コンテンツ制作、データ分析にもとづく改善、顧客管理、セールス支援まで幅広くサポートいたします。

おもな取引実績
テクノロジーをお持ちの企業様を中心に、業界や規模を問わず、
多くの企業様のマーケティングを支援させていただいております。
※特定サービスに限らず、ロゴ掲載許可をいただいた企業のうち一部をランダムに表示しています。
NTTGSL
コンピュテック
日立ソリューションズ
伊藤忠テクノソリューションズ
Zeals
ランスタッド
詳しく見てみる

 

いますぐ使えるコンテンツ戦略マップ
SEデザインのマーケティング支援サービス

コンテンツマーケティングに関して、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

コンテンツマーケティングで、
ビジネスの効果を最大化しませんか?

もっと詳しく知りたい方

ご質問・ご相談したい方